FC2ブログ

花も見ごろに

満開の桜にヒヨドリがよく来て美味しそうに食べてます。
彼らには桜は見て楽しむ対象ではないようで、かたっぱしから蕾を落っことして!
もっとも人間も桜の塩漬けなどを作って食べますが。

津金学校桜アップ
先日、津金のおいしい学校へ行って来ました。
さすが古い学校らしく太い幹が立派で、満開の桜が風に揺れて見事な風情でした。
津金学校跡

そのあと蕪の桜並木にも、西には甲斐駒、北に八ヶ岳と、最高のロケーション。
蕪の桜並木から甲斐駒

蕪の桜並木から八ヶ岳
でも、そのわりには人が少なくゆっくりお花見ができました。

原村にも行ってみましたが、こちらは、まだつぼみでした。
高森観音堂
高森観音堂の枝垂桜、満開になれば後ろのかやぶき屋根に映えてみごとでしょう。

深叢寺山門
原村役場の傍の深叢寺もまだでした。
ただ、そこの庭には水芭蕉が満開!来た甲斐ありです。
深叢寺水芭蕉

我が家の庭では、ワサビが食べごろに。
庭のワサビ
塩で揉んで熱湯をかけ、水でさらし、酒、醤油みりんをたらし、瓶に入れシャカシャカ。
鼻にツンと来るワサビのおいしさは今だけの楽しみ。

もと山ガールのたわごと

秋の日差しのなかで輝くススキ
台風一過の秋晴れです。真っ青な空を眺めていると、あの災害がウソのようです。
これだけ科学技術の進んだ今でも、自然災害にはなすすべもない!とは。
富士山の噴火が取り沙汰されていますが、防災グッズの準備に取り掛かる気も起らず。
災害とは、わが身に降りかかって初めて、さあ大変となるのでしょうか?
限られた命であることに間違いないのであれば、悔いのないように一日一日を過ごすしかないのかと・・・

今やりたいことは、山歩き。実はあの日も北八ヶ岳にいました。
苔むした北八つの登山道

高見石から見た白駒池
登山者が減ったとか減らないとか、でも、やっぱり山はいい!
ちっぽけなことをぐずぐず考えるなと言ってくれる?から。
八ヶ岳ヒュッテの松池
そして、絵の題材をくれるのもこの八ヶ岳です。

冬の月暈

光の環が満月にできていました。月暈というそうです。
月暈
以前、都会から泊りに来ていた高校生が夜空を見上げて
「すっげえ!こんな空見たことない。」
と感激していたことを思い出しました。そこには無数の星が輝いて・・・。

今日の天声人語に、
<すさまじきものにして見る人もなき月の寒けく澄める、二十日余りの空こそ、心ぼそきものなれ>と徒然草よりの引用が載っていましたが、
寒々と澄んだ月は、何年か前の夜空の星とは違った印象でした。
それは人の心を読み取る光のような、ちょっと怖い感じというか・・・。
この暮れという時期に、一年を振り返ってみなさい? ですかね。



雪国になっちやった

一晩で白銀の世界へ、
すっかり雪国です
なぁーんて言うとかっこいいけど、40センチも降ってくれると、雪国の人の苦労が身に沁みます。
薪集めで痛めた腰が雪かきでさらにひどくなって・・・

雪の花が咲いたみたい
でも、やっぱりきれい!葉のない枝に雪の花が咲きました。

雪の帽子が重たそうなピラカンサス
ピラカンサスには雪帽子が。

この雪が解けるまでしばらくは、アイスバーンでひっくり返らないよう注意が必要です。

ありがたくも

沢山の薪
大雪の前に集めて来なくてはと、薪をいただきに行ってきました。

切った薪を軽トラに
チェーンソーで短く切って、軽トラに積んでを、三往復しました。
まだまだ沢山あったんですが、日頃の鍛錬の無さが響き、手が、足が、腰が・・・
半年は暖房をしている土地柄なので、薪はあればあるほど有り難く。
又、体の痛みが消えた頃、いただきに行けたらいいなーと。
プロフィール

シーダー&のろ

Author:シーダー&のろ
〓シーダー〓
厨房担当。
タイピング苦手ですが、なんとか頑張ります。
〓のろ〓
試食担当。
ふらふら写真撮ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア