FC2ブログ

いよいよ

みずがき自然公園は今日でクローズ。
すっかり冬枯れ山になってしまいました。
下絵のスケッチはなんとか、続きはまた来年の秋にということに。瑞牆山スケッチ

帰路、うっすらと雪化粧した八ケ岳が夕日に映えていました。
冬支度を始めねば!
明野からの八ケ岳

秋も最終章

去年描き終わらなかった絵を抱えて、瑞牆山」へ行って来ました紅葉のメッカ瑞牆山
紅葉のトンネルをくぐると、梢越しに岩峰が姿を現し、圧巻!
平日でもカメラを携えた多くの人で賑わっていました。
キャンバスに向かっていても、ギャラリーが多すぎ!
落ち着かないことこの上なく、ろくに描けずに帰路に。
でも葉を落とす前の木々のエネルギーで溢れていて、
秋、最後ですよ― お見逃しなくって感じでした。みずがき自然公園の白樺林

春を見つけに

白州の関のサクラを描きに行って来ました。
昔の庄屋さんのような大きな家が点在するのどかな里山でした。
桜はまだ花芽もなく、通る人は、スケッチしている私達を見て怪訝そう。
蕾みが膨らんだ梅
横の梅の蕾みがずいぶん膨らんで、この次来たら花を見ることができそうでした。

畦に群生し出したノカンゾウ
近くの畑の畔にノカンゾウがいっぱい。大泉よりは暖かいようです。

みちくさの福寿草
帰宅したら福寿草が一輪出迎えてくれました。

描きたい!けど

瑞牆山のスケッチは描き終わらないうちに、凍結のため入口の道がクローズ。
後は写真を頼りに仕上げるしかないという羽目に。
で、次は白い八ヶ岳をという訳です。どう考えても無理でしょ、と思いつつ、まきば公園へ。同行の先生曰く、描きたいという気持ちさえあれば挑戦してみるべきだと。
八ケ岳の主峰赤岳

鎖場のあるのこぎりの刃のような権現岳
標高1400メートルのまきば公園はさすがにピ―ンという感じの大気に包まれていました。
左の権現岳とともに薄らと雪化粧した赤岳は冷たく、よそよそしく。この山と向き合うなんてことができるのだろうかと、ちょっとナーバスに。
偽八ヶ岳といわれる茅ヶ岳
でも、振り返って目に入ってきた逆光の茅が岳のなんときれいだったことか。冬期も営業してくれているまきば公園に感謝!もっともトイレを利用させていただくだけですが、これはスケッチの最重要事項。
この次訪れた時にはどんな顔を見せてくれるかと、雪が積もり真っ白になった赤岳を思い描きながら帰路につきました。

紅葉には、まだちょっと

みずがき山自然公園に行って来ました。瑞牆(みずがき)山は花崗岩の奇峰で有名。
瑞牆(みずがき)山 日本百名山の一つ
三十年前に4歳の長男を連れて登った時には、まさかスケッチブックを抱えてこの山の前に立つ日が来るとは。
でも、晴れた日に、縦に並んだ岩峰の個性的な山容が、遠く見えるたび、心浮き立つ思いがしていました。幾つか登った中で、心に深く残った山であることは確かです。
紅葉には今一歩早めでしたが、秋の陽射しをうけた岩峰の輝きは昔と変わらず。

標高の高い所に咲くトリカブト
この山を描く一番良いポジションを探して歩きまわっていたら、足元にトリカブトの花を発見。

何度か通うつもりなので、「そのうち紅葉のベストショットをものにできるでしょう」と思いつつ、振り返れば、甲斐駒ヶ岳が夕日の中にきれいなシルエットを見せていました。
プロフィール

シーダー&のろ

Author:シーダー&のろ
〓シーダー〓
厨房担当。
タイピング苦手ですが、なんとか頑張ります。
〓のろ〓
試食担当。
ふらふら写真撮ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア