FC2ブログ

やっと一個

やっと顔をを出したフキノトウ
今の寒さを「六寒一温」だと言った人がいます。塩漬けの白菜が凍っては融け、又凍ってと。それでも陽射しのある日中はだいぶ過ごし易くなりました。その太陽に誘われてか、一つだけフキノトウが顔を出しています。いつもなら天ぷらにフキ味噌にと、フキノトウと格闘中のこの時期。今年はもう少し待たされそうです。
オオイヌノフグリ
色の無い庭に、小さな青いオオイヌノフグリが。もうすぐ暖かくなりますよって言っているようです。
まだ冬枯れ色のタイム
タイムが復活するのももう少し。

雪の中で汗

途中に架かる橋
スノーシューの下見にスノーシューは持たず?清泉寮のAトレイルというコースを歩いて来ました。
踏み跡をたどる分には、長靴でなんとか。でもスニーカーでは無理でした。
写真を撮ろうとコースを外れて林の中へ踏み込むとズボッと。
ウサギの足跡

鹿の糞

鹿の足跡

皮を剥がされた山ぶどうの蔓
ウサギや鹿の足跡、シカの糞、木の皮のお食事痕等、そこら中にありましたが、彼らを見かけることはなかったです。お昼前という時間帯のせいかも。
氷のリース
かなりキョロキョロ、ウロウロでしたが、およそ一時間で一周しました。おかげで汗をかいて、のどが渇いて、ソフトクリームを。350円!美味しかったけど、カロリーオーバー?ソフトクリーム売り場の出口の木の枝に、いくつも掛かっていた氷のリースがきれいでした。真似してみようかと、カメラに収め、帰路に。

困った!

鹿よけネットをかぶせたレッドロビン
垣根にと思って植えたレッドロビンですが、植えた途端にも鹿にたべられて、又今回も。目撃情報によると子供連れらしく小さかったとか。
何頭いたのか鹿の足跡
しかしまあこの足跡、群れで移動していたことは確かです。
鹿のひずめがくっきり
お腹をすかしているのかと、ちょっと心配になりました。でもレッドロビンを丸坊主にする訳にもいかず恰好悪いのですが、ネットを被せることに。

ニュースで志賀高原の迷惑猿というのを報道していました。野性動物と人間が利害を対立させることなく、共存する方法はあるはずだと思うのですが。野性動物が人里に来て人間の物を取って行くことは、彼らにとっても悪しきことなんだとか。そんな話を以前聞いたことがあります。これは難題!
猟友会に、なんてことだけは避けたいものです。彼らに言わせれば、山を開発した人間が悪い!でしょうから。

冬なのに夏ミカン

もぎたての夏ミカン
ご近所から沢山の夏ミカンを頂きました。早速、剥いて食べたら口いっぱいに甘酸っぱい果汁が広がり、まさに旬の味。でも不思議、なんで冬が旬のミカンに「夏」という名前がついたのでしょうか。

そのままで十分美味しいのですが、酸っぱいのが苦手な家人にはヨーグルトで和えてあげました。
そうしたらあっという間にミカンの皮の山。そんな訳で皮の山がマーマレードに変身しました。
夏ミカンの皮で作ったマーマレード
朝食のチーズトーストにこれをのせたら、一日中幸せでいられそう!
 オレンジマーマレードのせチーズトースト

このミカンを分けてくださったお宅へ、マーマレードを届けなくては。もっとも嫌いな方も結構います。すっきりした甘さの中にある、あのほろ苦さを、美味しいと思えない方に押し売りは禁物。

押し入れが邪魔

六畳ふた間の和室の真中に押し入れがあったのですが、思い切ってそれを取ってみたら、すっきりしました。
改装前の和室

広くなった和室
布団は、洋室と同様チェックイン前に敷いてセットしておくので、押し入れの必要性が元々なく、むしろ邪魔でした。
みちくさは家族連れのお客様が多く、この和室も、前より広く使いやすく、きっと喜んでもらえると確信していますが、どうでしょうか?

野性動物の天国

リスの足跡
氷点下10度という寒さの朝 、新聞を取りに出たらリスの足跡を発見!
みちくさ前の落葉松が伐採されてから、彼らの姿を見たのはほんの数回しかなく、心配していたところでした。
足跡はみちくさの庭を西から東へ横断していました。いつもの通り道です。
彼らの健在を確認できてよかった!

まきば公園に居たシカの群れ
物好きにも程があるとか言われながら極寒の中、赤岳のスケッチにまきば公園へ出かけた折のことです。秋に牛や羊がいた場所にシカの群れが。

この寒波で大騒ぎの人間を尻目に、動物たちは雪原を自由に闊歩しているということでしょうか。
プロフィール

シーダー&のろ

Author:シーダー&のろ
〓シーダー〓
厨房担当。
タイピング苦手ですが、なんとか頑張ります。
〓のろ〓
試食担当。
ふらふら写真撮ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア