FC2ブログ

22000tの水量!

遊歩道ができ、きれいに整備されたと聞いて、小淵沢の大滝神社へ。
何故か鳥居だけが田んぼの中にぽつんと。
大滝神社
JRの線路の下、トンネルを潜り、抜けると参道へ
大滝神社参道
まず、目に飛び込むのが、「栽培しているワサビ田」という立札
ご丁寧に3本も
その先に勢いよく、勿体ないほどの湧き水が落下しています。
大滝湧水落下地点
写真中央の真横に伸びる木を伝って落ちているんですが・・・
その横に神社本殿への階段が
お滝神社入口の階段
本殿の横で、さっきの湧き水の木管を真近かに見ることができます。
大滝湧水木管
うっそうとした杉や檜の森の中、上へ行く階段が
大滝神社の裏山へ
山道は途中で途切れてしまいましたが、下には湧き水の水汲み場が見下ろせました。大滝神社裏山から湧水源を見下ろす
あちこちに湧き出る水が池を作って
水量の豊富な大滝湧水
湧水レストランの前には、なるほどきれいな遊歩道がありました。
が、私的には、裏山ハイクを楽しみたかったけど・・・

出て来るかな

白州・尾白の森名水公園でキノコのホダ木作りをやってきました。
尾白でキノコ研修
一人2本の割り当てで2百円ということでしたが、余ったとかで4本頂いてキノコの榾木
今年の秋に出てくれば、みんなでキノコ鍋とかできるかも。

人間がホダ木に穴をあけて喜んでいたら、
キツツキが、又、又屋根の一番高いところに大きな穴を
ハチさんがそこから中へ入って屋根裏へ巣をなんてことになったら
困るんですが・・・

暖かくなって野生動物たちは行動開始?
カンゾウもだいぶ大きくなって、でもまだシカ君には食べられていません。
庭のカンゾウ

はじめての

日本一簡単に家で焼けるパンレシピ というタイトルに即決でした。
面倒だと敬遠していたパン作りが、この本のおかげで私も、遅ればせながら・・・。
シナモンロール
シナモンロール、見栄えは今一つですが、味、食感ともに合格かと。
著者ベッカ晶子さんに脱帽です。

美味しいパンに、いい気分で外を見れば
サフラン
サフランが枯れ色の庭に鮮やかに春の日を浴びて咲いていました。
シカ君の好物なので食べられないようにバラの枝をかぶせておきました。

ノコノコの先で

庭ではフキノトウが、今だ! とばかりに。
菜花も出たてを頂きました。
庭の菜花とフキノトウ

すっかり春だと、ノコノコ天女山へ。
天女山登山口
ところが、結構な量の雪が。
ここは標高1375m、甘かった!
雪に足を取られ、いつもの倍近くの時間で。
天女山頂上
やっとこたどり着いた頂上1528mは360度のパノラマ。
奥に見えるのは三ツ頭。

東には金峰山の白いいただきも。
天女山山頂より望む金峰山
大勢の八ヶ岳から下山する登山者に追い越され、
中には私のおぼつかない足取りを気遣ってくれる方も。
這いつくばって上った急斜面、帰りはお尻をついて滑り降りました。
ちょっと、びっくり雪山ハイク。

夕食の菜花汁、運動後のお腹には最高のご馳走でした。

春の兆し

桜はまだ先ですが、一足早くお腹に入れようかと
春キャベツ塩漬け桜添え
春キャベツの塩漬け桜のせを。

毎年、3月初めに開催される、大泉町谷戸の谷桜酒造利き酒会に行って来ました。
谷桜酒造

酒蔵
酒蔵の中はすごい人、人、人。
利き酒会場
利き酒の会場では、つまみの漬物があっという間にからでした。

その翌日、春を探して信濃境の井戸尻考古館へ。
やっと紅梅が咲き始めたところでした。
井戸尻考古館の梅
夏の初めに咲く蓮の花がきれいなことで有名。
絵筆を走らせる人が多く訪れるところです。

今、水戸の偕楽園では梅が見ごろだとか。
我が家の周辺ではもう少し待たないと。

春隣

このタイトル、俳句の季語で はるとなり と読むんだとか。
今日は桃の節句。ですが、我が家ではダンコウ梅さえもまだ。

数日前にはウソのように暖かく、昨日は雪模様。
みちくさ前の林
積もるほどではなく、やれやれの春の雪。

そろそろ啓蟄?アカゲラが林でコツコツやってます。
木を突いてるアカゲラ
先日は、アオゲラが三角屋根のすぐ下に穴をあけてしまいました。
屋根裏の暖かいところに巣でも作ろうと?

本日の夕飯は、ちらし寿司と甘酒ではなく、
グリンピースご飯
気分だけでも春らしくと、グリンピースご飯を炊いてみました。
プロフィール

シーダー&のろ

Author:シーダー&のろ
〓シーダー〓
厨房担当。
タイピング苦手ですが、なんとか頑張ります。
〓のろ〓
試食担当。
ふらふら写真撮ってます。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア